トップページ動物園だより > NO-177

動物園だより

動物園だより : NO.177

動物リアクションシリーズその⑩ほじくり箱


①中のレーズンを必死に取ろうとするケンタ:22歳
②43歳の雄のチンパンジー、ピータンも頑張ります
③④オランウータンのハッピー:21歳
⑤ガチャガチャ用の容器の中にレーズンを詰めている


このほど、チンパンジーとオランウータンへの新たな環境エンリッチメントを開発しました!その名も「ほじくり箱」。
「ほじくり箱」は柵の外側、来園者側に取り付けています。「ほじくり箱」には、動物側の面の下の方に直径1㎝程度の穴があけてあり、チンパンジーやオランウータンは、その穴から、木の枝を器用に使い食べ物をほじくり出し食べています。
慣れてくるとだんだんと食べ物を取り出すコツをつかんでくるので、中の仕掛けもいろいろと工夫を重ねています。例えば、写真5のように箱の中に、穴の開いたボール状の容器をいれます。ボール状の容器の中にはレーズンなどの食べ物がいれてあり、いったん、木の枝でボール状の容器をつついて転がし食べ物をださないといけないので利用時間が増加します。
「ほじくり箱」の材料は「つつき箱」などと同じ電気資材のプールボックスを使用していますが、フタの部分は透明のアクリル板を使用しているので、つつき箱と違い中の様子が見えるようになっています。ボール状の容器はガチャガチャ用の容器なので、来園者、特に子供たちは楽しんで観察しているようです。
これまで、いろいろな給餌装置を開発してきましたが、食べ物を「ほじくりだす」というまた新たな行動パターンが一つ増えました。
(飼育課 郡)

平成27年3月25日