トップページ動物園だより > NO-180

動物園だより

動物園だより : NO.180

インドクジャクたちの恋の季節が始まりました

ディスプレイをしているオスの姿です。オスの広げている飾り羽は上尾筒(じょうびとう)と呼ばれ、繁殖期のメスへのアピールのためだけにあります。尾羽は上尾筒の下に生えています。


 当園ではインドクジャクを40羽(オス20羽、メス20羽)を飼育していますが、2月中旬くらいからオスのメスへのディスプレイが始まりました。ディスプレイとは、オスが美しい飾り羽を広げてメスへアピールをすることです。
 クジャクの繁殖期は春先から初夏にかけてで、当園では5月下旬くらいまでディスプレイを見ることができます。繁殖期が終わるとオスの飾り羽は生え換わるため、全て抜け落ちてしまいます。
 4月中旬から5月初旬が一番の見ごろになります。晴れた日の日中はあまり羽を広げず、朝と夕方、また曇った日や雨上がりによく広げます。この時期限定の美しい姿を見に来てみてください。

平成27年3月25日