トップページ動物園だより > NO-210

動物園だより

動物園だより : NO.210

ボリビアリスザルのひなたぼっこ

ボリビアリスザルのひなたぼっこ

みんなで並んでひなたぼっこ中。それぞれポーズが違います。

日に日に寒さが厳しくなってくる今日この頃。
リスザルたちがいる展示場には木陰が多く、あまり日が当たりません。夏は涼しくていいのですが、冬は少し肌寒い・・・そんな時、わずかなひなたを見つけては、ひなたぼっこをするリスザルの様子を見ることができます。
地面の上に寝転んだり、木の上で丸くなったり。ガラス窓のついた今の展示場になってからは、窓枠の上で一列に並んでいる姿をよく見るようになりました。窓枠は鉄板が敷いてあって、日が当たると暖かくなります。つまり床暖房状態で、足元もほかほか。よく見つけたものです。
窓枠に日が当たるのは、午前中の一時だけ。動き回っていることの多いリスザルたちも、この時ばかりはじっとしていてくれるので、目の前で観察できる絶好のチャンスです。日差しの暖かい日には、ひなたぼっこをしていることが多いので、ぜひリスザル展示場を覗いてみてください。
(飼育課 古根村)

平成27年11月2日