トップページ動物園だより > NO-256

動物園だより

動物園だより : NO.256

チンパンジーの歯磨き道具!?

チンパンジーの歯磨き道具!?

チンパンジーの歯磨き道具!?


 「動物にとって歯は命」。動物園で暮らす動物はたとえ歯が無くなっても、飼育係から柔らかくした食べ物を用意してもらい、なんとか食事することができます。しかし野生で生きる動物はそういうわけにはいきません。
 野生のチンパンジーは、果実や木の葉などの植物、虫、小動物など様々な物を食べるといわれていますが、歯はどうやって健康に保っているのでしょうか?
当園で暮らすチンパンジーたちに木の葉を与えると、木の葉はむしゃむしゃ食べます。枝は食べないので床に落ちていますが、よく見ると、皮がきれいに削られている枝がたくさんあることに気づきます。チンパンジーをずっと観察すると樹皮を熱心に歯で削っている行動を見ることができ、さらに観察すると、削った樹皮はほとんど吐き出しているようでした。なぜ熱心に樹皮を削っているのか?チンパンジーが木の枝を熱心にかじっている姿はまるで歯磨きしているように見えます。しかし、チンパンジーは、サトウキビやバナナの葉などの繊維質の多い植物をたべるとき、何回も噛み続け、植物の水分、養分だけを器用に吸い取り繊維質の部分は吐き捨てるという食べ方をします。なので、もしかしたら木の樹皮も養分だけを吸い取って吐き出しているのかもしれません。
 チンパンジーが歯を健康に保つ秘訣は、枝葉に含まれる成分や、繊維質の多く含まれる植物を時間かけ何回も噛み続けるところにあるのかもしれません。
11月8日は「いい歯の日」。動物園ではチンパンジーやオランウータンなどで、「歯」にちなんだガイドをします。チンパンジーが使用した、皮をきれいに削った枝やサトウキビの繊維のかたまりなどの、「歯磨き道具」も実際に見てもらえるよう、チンパンジーたちと準備をすすめています。
(飼育課 郡)  

平成28年10月31日