トップページ動物園だより > NO-332

動物園だより

動物園だより : NO.332

今年もコシジロヤマドリが孵化しました

孵化後まもないコシジロヤマドリのヒナ。30g程の卵から約20gのヒナが誕生します。


今年も昨年に続き、コシジロヤマドリのヒナが誕生しました。
 3月末頃から産卵が始まったので、人工授精(オスから人工的に精子を採ってメスに注入する)を実施しました。卵は孵卵器に入れて温めること約23日。ハシウチ(ヒナが中から卵にヒビを入れること)が始まってさらに約1日後に孵化しました。
 孵化してからも、しっかりと自力で餌が食べられるようになる4~5日の間は気が気ではありませんが、今ではしっかりと餌を食べ、日に日に大きくなっています。
 5月上旬に1羽目のヒナが孵化し、その後も続々と孵化していて、まだまだ忙しく、嬉しい悲鳴を上げる日々が続きそうです。
 皆様にお見せできるようになるのは、もう少し先になりますが、その時にはまたご報告いたします。(飼育課:古根村)

平成30年6月11日