トップページ動物園だより > NO-333

動物園だより

動物園だより : NO.333

アジアゾウ「みどり」を神戸市立王子動物園へ

写真左:2005年来園当初の「みどり」と「たいよう」
写真右:現在(人気のイベントゾウさんのお散歩)


アジアゾウの「みどり」が神戸市立王子動物園にて繁殖を試みることになりました。
2005年にタイ王国から宮崎にやってきた「みどり(メス)」と「たいよう(オス)」の2頭のアジアゾウは、当時まだ5歳の子ゾウでした。
数年後には繁殖をと期待されていたのですが、2014年、これからという時に「たいよう」が急死してしまい、その後、「みどり」を繁殖をさせるために各園館と調整を繰り返してきました。
そして今回、神戸市立王子動物園で飼育されている経験豊富な「マック」(25歳)の元へ預ける運びとなりました。
 7月10日(火)に宮崎から送り出し、妊娠が確定すれば宮崎に戻ってきますが、最長で来年6月末まで預ける計画です。
 その間、宮崎にゾウが不在となり、皆様はさみしく思われることと存じますが、アジアゾウの種の保存に貢献することで動物園の社会的役割を果たすことになると考えておりますので、ご理解をいただきたいと思います。
※7月8日(日)までは、通常通り記念撮影などアジアゾウとのイベントを実施します。

平成30年6月11日