トップページ動物園だより > NO-367

動物園だより

動物園だより : NO.367

ケープペンギンのヒナ人工育雛中


左上:生後5日目のヒナ  左下:生後19日目のヒナ  右:2月16日のヒナ

2018年12月30日にケープペンギンが孵化しました。
親ペンギンが交代で卵を温めることおよそ40日。巣に中にヒナの姿が見えたときは、ほっとしました。
 しかし、今回ヒナが孵化したペアはあまり子育てが上手ではなかったため、6日後に人工育雛に切り替えることにしました。
 人工育雛開始時の体重は102g。魚の切り身やオキアミなどをミキサーでドロドロにして、カテーテルを使って直接胃に流し込みます。成長と共にエサを変えていき、現在は固形のエサ(魚の切り身やキビナゴまるごと)を上手に飲み込めるようになりました。
 2019年2月15日現在の体重は1048g。最近では短い足でちょこちょこ歩くようになりました。
 これから、自分でエサを食べたり、水の中を泳ぐ練習もしなければなしませんが、元気に成長してくれることを願っています。(一般公開日は未定です)
(飼育課:古根村)

平成31年3月11日