トップページ動物園だより > NO-430

動物園だより

動物園だより : NO.430

キリンの赤ちゃん誕生!

写真左:出産直後、すぐに赤ちゃんの世話をする母親コユメ。
写真右:出産翌日の授乳確認。元気に吸い付く音が聞こえてきて一安心。


 令和2年8月1日(日)、12時16分、マサイキリンに待望の赤ちゃんが誕生しました。
 母親は当園生まれのコユメ(8歳)、父親は熊本市動植物園生まれで、2017年に来園したトウマ(4歳)です。
 コユメは初産なので、ちゃんと赤ちゃんの面倒を見てくれるのか、おっぱいは出るのかなど、あれこれと心配をしていました。そんな心配をよそに、出産直後、コユメに赤ちゃんの世話をする様子が見られました。また、赤ちゃんも30分ほどで立ち上がり、野生のたくましさを目の当たりにしたのでした。
 今回の赤ちゃんが産まれるまで、マサイキリンを飼育する動物園は国内に4園で7頭のみ。しかもオス6頭にメスが1頭しかおらず、コユメの妊娠は、日本国内のマサイキリン飼育継続の行く末がかかっていました。今回生まれた赤ちゃんは、なんとメス!見事に期待に応えてくれました。
 今後は、母子ともに落ち着いたところで、その様子を直接、皆様にお披露目できると思いますので、もう少しお待ちください。それまでは、当園のフェイスブックなどにて随時情報を提供させていただきます。どうぞ一緒に成長を見守っていただきたいと思います。

2020年8月6日