トップページ動物園だより > NO-483

動物園だより

動物園だより : NO.483

動物園開園50周年記念講座「宮崎の野生動物あれこれ」~古生物から現生物まで~
8/31まで公募期間を延長いたします。


動物園開園50周年記念講座「宮崎の野生動物あれこれ」~古生物から現生物まで~


9月25日(土)開催の50周年記念講座「宮崎の野生動物あれこれ」は、10月9日(土)に延期いたします。
※まだ席に余裕がありますので、記念講座の受講を希望される方はお問い合わせください。


宮崎市フェニックス自然動物園の開園50周年を記念して、宮崎県総合博物館と特定非営利活動法人宮崎野生動物研究会とのコラボレーション講座を開催します。それぞれの施設、団体より講師をお招きし、9月25日(土)10月9日(土) 、10月2日(土)、10月23日(土)の3回に分けて開催する講座に各日50名様をご招待します(入園無料)。

参加希望の方は、往復ハガキでお申し込みください。往信用ハガキに参加者氏名、住所、連絡先、参加希望日(複数選択可)をご記入いただき、1枚のハガキで2名様までご応募できます。希望者多数の場合は、抽選とさせていただきます。当選された方は返信ハガキが招待券となりますので、ご来園の際にお持ちください。

※新型コロナウイルスの感染状況によっては変更になる場合がございます。

動物園開園50周年講座
「宮崎の野生動物あれこれ」~古生物から現生物まで~
応募方法

【実施日】→講座内容の詳細はこちら
①令和3年10月9日(土) 宮崎県総合博物館とコラボ!
「宮崎の絶滅モンスター」「日向灘のイルカ・クジラ」
②令和3年10月2日(土)  宮崎野生動物研究会とコラボ!
「枇榔島とカンムリウミスズメ」「宮崎海岸とアカウミガメ」
③令和3年10月23日(土) 宮崎野生動物研究会とコラボ!
「真冬に産卵するオオイタサンショウウオ」「九州のニホンカモシカのいま」

【定員】各日50名 ※希望者が多い場合は、抽選になります

【参加費】無料(当選された方は入園無料)

【講演時間】13:30~14:30

【場所】宮崎市フェニックス自然動物園内「どうぶつ情報プラザ」

【募集期間】※まだ席に余裕がありますので、記念講座の受講を希望される方はお問い合わせください。

【宛先およびお問い合わせ先】
お電話、またはメールでお申し込みください。
電話番号:0985-39-1306(水曜日は休園)
メール:info@miyazaki-city-zoo.jp

講演日 講演内容
10/2(土)

宮崎野生動物研究会とのコラボ!
天然記念物だよ!全員集合!①

「枇榔島とカンムリウミスズメ」

門川町の枇榔島はカンムリウミスズメの世界一の繁殖地として有名です。30年を超える調査研究について現場の話を紹介。
講師:中村 豊(宮崎野生動物研究会副理事長)

「宮崎海岸とアカウミガメ」

宮崎の海岸にはアカウミガメが上陸して産卵します。45年間の調査活動や最新のおもしろい生態の情報を紹介。
講師:出口 智久(宮崎市フェニックス自然動物園顧問・前園長 宮崎野生動物研究会事務局長)

10/9(土)

宮崎県総合博物館とコラボ!

「宮崎の絶滅モンスター」

県総合博物館で開催中の特別展「絶滅モンスター展2021~恐竜VSほ乳類~」から、進化をつづけるほ乳類の姿を宮崎の化石とともに紹介。
講師:中山 貴義(県総合博物館 学芸課 副主幹)

「日向灘のイルカ・クジラ」

宮崎沿岸および沖合には、多くのイルカ・クジラの仲間が生息しています。宮崎海岸とイルカ・クジラの仲間の関係や面白い話を紹介。
講師:西田 伸(宮崎大学教育学部准教授 宮崎野生動物研究会員)

10/23(土)

宮崎野生動物研究会とのコラボ!
天然記念物だよ!全員集合!②

「真冬に産卵するオオイタサンショウウオ」

宮崎市の山中にも生息するオオイタサンショウウオ。真冬の産卵の様子や宮崎に生息するサンショウウオの仲間について紹介。
講師:末吉 豊文( 日南市立吾田中学校校長  宮崎野生動物研究会員)

「九州のニホンカモシカのいま」

国の特別天然記念物のニホンカモシカは宮崎県が生息地の南限。九州には200頭程しか生息していない現状と今後をひも解く。
講師:岩本 俊孝(宮崎野生動物研究会理事長 元宮崎大学副学長)

2021年9月15日